今回は、ツインレイのエネルギーについて記事にしてみたいと思います。

 

通常、生まれたばかりの赤ちゃんの段階では【魂】に限りなく近いです。

肉体が持つ負のエネルギーが少ないことも関係しています。

 

魂は、今世達成すべき内容を設定していますが、次第に忘れていきます。

それは、大きくなるにつれて、魂ではなく《肉体》に意識が偏っていくからです。

 

それと同時に「可能性」も変わっていきます。

失敗や常識という概念に意識を縮小させて、どんどん「制限」を作ってしまいます。

 

選択肢が狭くなり、今世達成すべきことに着手できていれば良いのですが、そうではないことが多いです。

 

そのような時、ツインレイのエネルギーは唯一無二の存在としてキッカケを与えてくれます。

 

《肉体》にも慣れた頃、【魂】を思い出すことによって、

本当の意味で今世チャレンジすべきことに挑戦できるようになります。

 

どちらが欠けてもダメです。

魂がなければ、肉体だけの意識ですので「目に見える」範囲にしか意識が向きません。

魂があることで、「目に見えない」世界も取り入れて捉えることができます。

 

魂は永遠ですので、肉体というタイムリミットを考えることで、現実的な行動ができるようになります。

魂を知らず、今世しかないと考えてしまうと、欲望に駆られるままに行動してしまう存在も出てきます。

 

「魂の成長」

 

欲望は、キッカケを与えてくれますが過度であれば、身を亡ぼす要因になりかねません。

 

何事も適度なバランスが必要です。

 

こうした、バランスを取ることに関しても、ツインレイのエネルギーは活躍します。

 

もし、間違っていることがあるときは滞りを生みますが、滞りに解消するキッカケになることもあります。

 

僕の体験でいうなら、現実に起こしたくても起こせないようになります。

阻止するというか、されるというか、滞りが生じて現実に辿り付けません。

 

このサイトではスピリチュアルな精神世界がメインですが、一般的な情報を発信したいと思う時もあります。

 

例えば、世の中の真実系などです。

その考えがある時は、パソコンが壊れてできなくなるという現実が起き続けました。

 

その年は、4回壊れました。

後にも先にもその時だけです。

 

実際に、真実系の発信も頭によぎらなくなった頃に、ふと氣付きました。

 

ダメだというお知らせでした。

そのキッカケは相方と接しているときでした。

 

【魂】と関係することだけが、お役目なのだと氣付かされましたが、ツインレイとのエネルギーが循環している時に言葉などが閃きます。

 

決して、肉体の意識が優先されることはありませんが、【魂】を優先することで現実が進むようになります。

 

そして、唯一無二だと言えることがあります。

 

ツインレイとして成立しているこの空間は、【世の中から隔離されている】状態にあります。

 

目に見える意識の範囲ではなく、完全に目に見えないことがベースにあります。

 

周囲とは、《時間軸》が違うことに氣付きました。

 

というのも、世の中の多くは、目に見えることがベースとなっているので、目に見えない段階は認知されていない状態を意味します。

 

ツインレイのエネルギーは、目に見えない段階で氣付くようになりますので、どうしても現実に起きる前に物事が進みます。

 

わざわざ現実に起きる時間がないということです。

 

その為、次の問題、次の問題と起き続けますので、いつの間にか数年分、進んでいるということが起きます。

 

とにかく早い。

 

これがツインレイのエネルギーと感じましたので、記事にしてみました。

 

詳しくは、ツインレイ 〜 ” I AM プレゼンスの名のもとに ” 〜をご覧頂けたらと思います。