純粋 美しい

物事は純粋であるほど美しい

 

そして ”価値” がある

 

不純物を含むほど価値は下がります。

 

人体も生命を維持する上で必要不可欠なことすら突き詰めると、限りなく美しく人を魅了する。

 

だからこそ日々純度を高めたことに対して輝きを増す。

 

鍛えられたアスリートの肉体は、何気ない仕草ですら美しい。

肉体に染み込ませた動作(技術)は、熟練された巧みの技で誰にでも出来ることではない。

蓄えられた知識は、知らぬ者にとって頼りになる存在になる。

魂を込めて作った作品(芸術)は、時代を超えて語り継がれるモノへとなる。

 

努力という過程、苦難を乗り越える過程。

人は感動を覚えます。

 

ですが、努力すら必要としない。

努力を、努力と意識してないことがある。

まるでそれが当たり前であるかのように。

 

純粋な存在に意識を向けると “動物” に辿り着く。

 

彼らは限りなく純粋に生きている

生きている様は愛に溢れている

 

人類はどうだろうか?

己の欲に忠実。

己の為に平気で他者を貶める。

なんて愚かなのだろうか。

 

純粋に不純物を削ぎ落とすことで本質に近付く。

 

自分の本質へ。

 

物や環境で不要と思える物は断捨離すること。

思い付く限り純度を高めていこう。

 

人類は純粋な存在から見習わなければならない。

 

宇宙は無情である。

情けは無用だ。

 

たった一人でも “魂” を高め続けよう。