無償の愛 現実

スピリチュアルの世界によく出てくる「無償の愛」。

 

これは捉え方を間違うと大きな誤解を招く原因です。

 

この人間という肉体を持って波動を上げます。

 

波動を上げた魂が増えることで次元上昇を地球と共に進んでいく。

 

確かにゴールは「無償の愛」でいいと思います。

 

ですが、目指す過程においては「無償の愛」だけでは成り立たないのが『現実』です。

 

以前こういうコメントがあった。

 

僕達の喧嘩について正直に書いてきたことに対して。

 

あなた達がばら撒いている
地球へのネガティブな波動を
少しでも高くできますからね

自立への努力と
情報発信を止めること

 

自称ライトワーカーなる方からでした。

 

確かに波動が低いことは認めます。

 

限りなく低い。

 

だけど、そういう波動が低く闇の中に埋もれている状態にあるのがこの現実です。

 

その現実という体験をしている最中の人にとって光を見ることは難しい。

 

とてもじゃないが、闇しか感じられない状態に綺麗事を言えるのか?

 

戯言にしか聞こえない。

 

本当の闇を体験していない安全な場所からでしか物が言えない存在としか言えない。

 

大事な本質は闇の中に飛び込み、光へ導くことがライトワーカーだと思います。

 

光の中で「光」のは当たり前です。

 

「闇」の中で「光」ことが誰にでもできることではないからこそライトワーカーに求められているのです。

 

この現実は僕達が想像できない深さの闇が存在しています。

 

近年、明らかになってきている真実を知り驚いた方も多いのではないでしょうか?

 

僕もその一人です。

 

人身売買、小児愛、利権、ウイグル民族人権問題、西洋医学の恐怖、人間奴隷計画など・・。挙げればキリがないですが・・・。

 

誰しもが想像できない残酷さがこの世で実行されていたという事実。

 

この闇をどうしたら光に持っていけるのか?

 

無償の愛?

 

無理でしょ。

 

闇には闇を持って光にする。

 

このコロナの裏で、圧倒的武力を持って『逮捕』が繰り返されています。

 

「無償の愛」だけでなんとかなるのであれば、そもそもこのような残酷な現実は起きていません。

 

巧妙に隠されてきただけでなく、気付かないようにされてきました。

 

「無償の愛」は目指すのであって、過程においては、闇も含めた「現実」を乗り越えていくことが重要なのです。

 

スピリチュアルを履き違えてはいけません。

 

すべてを「無償の愛」でなんとかする!

 

そんなことない!!!!!

 

闇しか見れない時もあります。

 

ですが、明けない夜はありません。

 

切り替えられる時に切り替えて光を目指しましょう。

 

闇を知らずして本当の意味で光を知ることはありません。

 

闇に負けない光になりましょう。

 

闇に立ち向かい、乗り越え、より強くなった光になりましょう。