私は3月9日

確信とも言えるべき事のように
その流れにのせて自分の前世が誰だったのか思い出した
魂がブワッと主張する感覚
そして、気分が悪くなりその晩は頭が冴えて眠れなかった
翌日は激しい気分のアップダウンと
熱と寒気となんとも言えない脱力感
思い出して
魂は喜んでいる
私は納得した
すべてのことが今までの生き苦しさがわかった
私は拒否し続け、魂は蘇りを求める
今世に必要な記憶だったのだ
戦うために思い出す必要があった
すべてが腑に落ちた

スポンサーリンク