それから僕はネットワークビジネスから少し変化があった。

 

ネットワークビジネスは種類が多い。僕がしてたのはよくある日用品、健康食品でした。

 

実際、質は良かったと思います。

ただ、高いですが…

 

シャンプーが合ってないのか、髪の毛がシャンプーする度に抜けていた人も抜けなくなった体感があり、

水素のサプリは疲れにくくなる体感。実際相方も試してみたが、生理痛や目の疲れにも体感が出てました。

水素のサプリは気になるので、今後もっと調べてみようと思います。

 

ある時、ネットワークと、某携帯代理店の組み合わせを発表されました。

 

携帯を契約して、特典で健康食品にしようかといった試みです。

 

僕は当時、ガラケーで、携帯を変えることがちょうど良かった為、賛成でした。

 

それから、某携帯代理店の人と会うことになり、話を聞いてみることにしました。

副業感覚でやれることが魅力の一つだった為、両親も呼んでみました。

 

人間、欲を出すとダメですね。

判断力も落ち、見抜けなくなります。

 

某携帯代理店代表者(今後『代表』とする)と会って、話を聞くことに。

 

代表は過去の学生時代の話をして、バブル時代、現在の仕事といった展開で身の上話を聞きました。

僕は欲が出て、実際にやってみたいという考えしかなく、いいところしか見ませんでした。

 

・頭のいい人はやってる人を見てやらずに分かる。

・普通の人はやってみて初めて分かる。

・分からない人はやっても分からない。

 

僕はこの3つの内の真ん中の考え方をしていました。

とにかくやってみる。

 

それからというもの、僕はネットワークの人より、代表の方に会うようになります。

 

父とも話し、フランチャイズをするより、効率がいいように思えた為、携帯代理店をすることにしました。

母はまだ、疑ってるところがありましたが、僕は言い出したら聞かない所があり、とりあえずやってみたらという反応でした。

何度か代表と話を進めました。

何度かの時、父とフランチャイズをする予定だったのを変更したため、父も一緒に話を聞いていきました。

 

手順としては、ただ、買う人を広めるということ。

在庫は持たなくていいからリスクがない。

参加料100万を払うこと。

 

でした。

 

こういう話をして、実際に契約進めることになりました。

ですが、サインをする為の書類を作るとかで、別の日になり、

どういうわけか、いつもは父も一緒でしたが、僕だけが呼ばれました。

 

ここから何か疑問に思うようになりますが、僕はまだ気付けませんでした。

嫌な感じは感じていたのですが丸め込まれる形となります。

 

サインする契約書を作成したという割には、今までなかったのか?

と思うぐらい、その場で作ったような感じでした。

何度も誤字脱字を編集して、やっと出来たやつを渡されました。

 

サインをして、印鑑を押しましたが、捨印まで押すようにと言ってきました。

実際捨印が何か僕は当時分かっていませんでした。

『紙にまた訂正があった時にまた押し直すのが面倒くさいから』という風に言われましたが、

『僕は別にまた押すことに抵抗ないのになと思っていました。』

ですが、言われるままに押しました。

 

すると凄く嫌な感じがしました。

心の声が聞こえてきた感じです。

『よっしゃ!捨印押させた!もうこっちのもんだ』

という代表の心の声が聞こえてきました

これは当時はなんだこりゃ?

ただ、嫌な感じがするなぁというくらいにしか思っていませんでしたが、あとからこれはサイキック能力の一種だと知るようになります。

 

それから、何か裁判で訴えられてるとか言い出して、弁護士事務所に行くことになったのでついて行きました。

弁護士の人に、代表は一方的に話し続け、

『こういう反論をしていこうと思います』ってのを強引に言って帰りました。

 

訴えられることはよくあるが、こうして、何度も対策してるから大丈夫だ!

『何かあったら味方だから』ということに安心してました。

 

それから障害者の仕事を作るからということで、障害者のハローワークのようなところに行きました。

 

職業訓練として、授業をしたらいくら貰えるから事業として成り立つなど、これからの将来性を感じていました。

 

これからの仕事として、

代表の子代理店という形です。

代表が親だとしたら、自分は子という関係ですね。

仕事上の。

 

それから、知り合いに訪ねて行きました。

何人か興味を持った知人は一緒に代表に話を聞きに行き、良ければ収入を作っていこうという流れでした。

 

代表は父との時も、僕だけの時もそうですが、必ず近くの海鮮丼を奢ってくれていました。

そして、知り合い、知り合いの知り合い、と広がっていく内に、食事だけでなく、カラオケなどと、楽しい印象をつけて、仕事という感じがしない感覚になってきました。

 

段々と調子に乗っていってる僕でした。

 

実際は収入になるのは携帯を契約して、3ヶ月後という話でしたので、全く1円も入っていない状況でした。

 

それから商品には携帯だけでなく、パソコンもありました。

 

そんな時に、相方も携帯は興味ないが、パソコンが欲しいと考えていたことを思い出し、声をかけました。

 

相方はそれまでの僕と違う印象を受けていた様でした。

『あ〜調子にのっとるな〜。

こりゃ痛い目みないと分からんだろうし、このままだと痛い目に合うだろうなぁ』

と、思ったそうです。

 

それで、パソコンは欲しいとのことだったので、見本を見せて、買うかどうか考えていました。

 

その際に、一括でクレジットカードで買いたいという質問を僕は受けましたが、僕も含め、いつもは分割でのやり方しか分からなかったので、

『分からない』と答えました。

そこで、代表に聞こうとしましたが、連絡がつかず、分からないままでした。

 

相方はその時、いつもであれば、とうに断っている。

どういうわけか、

『購入することで、この人を助けないといけない』

と感じたということで、購入することになります。

これはサイキック能力もそうですが、僕達の縁の強さというか、特別な関係が始まることとなります。

これはまだもっとあとから判明してくることとなります。

 

そこで、パソコンだけでは使えないので、ポケットWi-Fiも一緒に購入しました。

 

ここから事態は変わっていきます。

 

まず、相方に購入したパソコン、Wi-Fiが届いたので、一緒に組み上げることにしました。

 

実際に使おうとしても、Wi-Fiがうまく入りません。

 

センターに確認しても、電波が入るところでしたが、家の中に入ると、電波が繋がりません。

 

これはたまにあることですが、初めてだったので、戸惑いました。

何度か試行錯誤してるうちに、ほんの少しだけ電波が入る場所を家の中で見つけたので、そこでやってみました。

出来ないことはないが、とてもじゃないですが、使えない状況でした。

その為、キャンセルする為に代表に話に行きましたが、一切キャンセルはしてくれません。

 

使えなくて、届いてすぐなのに、クーリングオフが出来ないと突っぱねてきます。

 

ここから、代表の悪魔の本性が現れてくることになります。

 

続く

スポンサーリンク