最近はいいペースで記事も更新できているので、このまま閃くままに更新していこうと思います。

 

今回は相方の気になったという部分をヒントに、皆様も何気ない普段のところが気になるのではと思いまとめてみました。

 

 

まずツイン男性として、記事を更新している男性の方は割と僕より年上の方々が多いかなぁーというのが僕の印象です。

 

僕は現在29歳です。

 

僕より年上の方々の記事はよく見ると思いますが、

 

これからは僕の体験しているような後を追ってくる人は続々出てくるのではと思います。

 

というのも肉体は変わりますが、魂は肉体を変えて経験していきます。

当然同じような経験をするとは思いますが、少しずつ変化して違う体験をしていくものだと思うからです。

 

その人たちの救いになる記事を書くことが、まずは僕のするべきことだと思います。

 

しかしずっとこのことだけを考えているかというとそうではありません。

 

 

心の一部分にしっかりと抑えられているのですが、どうしても女性と男性ではまず脳から違いがあり、

目の前のことに集中しだすと、他の事が頭からは離れている状態になります。

 

女性は違う物事を行っていても違うことを考えたりしますよね。

 

これは男性性、女性性の比率によって変わってきます。

 

というのも男性でも女性寄りの考え方の持ち主だと、意外と出来たりするみたいです。

 

実際に知人でこういう方がいるので、初めて知った時は驚きました。

 

 

さて!!いよいよ本題ですが、何気ないことというのが今回のテーマですね。

 

その当日をどう過ごすとか。何かのんびりしたいなとか。

 

そういういうことは、ごく普通の人と変わらないと思いますが、

 

ツインレイの男性として、僕自身だいぶレベルアップしてると思います。

 

 

していいこと。悪いこと。考えていいこといけないこと。

 

これを5年付き合った中で、感覚で身に着けてきましたので。

 

一言でいうなら『バランスが大事』です。

 

 

・物質的に経済面の事を考え過ぎてもダメ。(経済部分の支出面など)

・自分の波動に合っていない人のことを考えてもダメ。(勿論接することはご法度ですが・・・)

 

 

これって意外と思うかもしれませんが、事実あります。

この二つは誰しもが考えることだとは思いますが、(もっとありますが、代表的な部分を紹介します)

必ずある沸点まで考えてしまうと、激しい喧嘩になります。

 

 

この積み重ねで、相方のミコをどれくらい想って接するのか感覚で分かるようになりました。

 

 

そのおかげなのか?

相方との不思議な体調の共有も敏感になり、どちら側に何か問題があるというところも気付くようになりました。

 

今までは相方だけ気付いて、現実にどっぷり浸かっている僕は全く気付きませんでしたが、

相方の当時のことがよく分かるようになりました。

 

 

まず、3次元の現実では、「雨」に濡れなくなりました

 

なぜ?!why?!という方。

僕もミコも龍神系なので天候を左右できるからです。

 

相方のミコはかれこれ7年、雨に当たったことがありません。

 

どれだけ雨が降っているときでも、僕達はもう傘を持ちません。

 

僕達が外に出る時は必ず止みます。

ただ、こうなると便利だったり、いいじゃないか!!という声が聞こえてきそうですが・・・

この状態というのも凄く敏感で困る部分があります。

 

普通に仕事に行くと色々な方の影響があるので、とにかくとにかく疲れます。

 

しかも相手の考えていることが分かります。

これは感覚で、サイキックの分野なので機会があれば別の記事に書いてみようかと思います。

 

なので、正直な所、仕事や外に行くことが嫌になることもあります。

 

まぁ権利的収入には非常に憧れますが、人の為になることはしたいですし、

適度な人の接し方をしたいと考えています。

 

これからは相方と個人事業主として活動していくので、そういう相方も含んだ考え方をしていると喧嘩も全くありません。

 

お互いに思いやりを持って接せれていることが大きな要因となって、物事が加速しているのだと思います。

 

実際に3次元と距離が空き、相方と一緒に引きこもっているとドンドン冴えてきます。

多少外の空気を吸うとかはいいと思います。

 

とにかくマイナスの影響を避けることが非常に重要だということです。

目に見えない重りを体に身に着けて喜ぶ人はまずいないでしょう。

 

 

僕は相方との喧嘩しないことを目印に僕たちのバランスを見付けてきました。

 

皆様もこれは非常に重要だと思いますので、各々のバランスを見付けていただけたらと思います。

スポンサーリンク