今回の私たちのアセンションは今だに落ち着いておらずかなり手強い。
先週に比べると幾分ラクにはなったけど、相方は熱が出たり引いたり、薬を飲んでも意味はなく頭痛と倦怠感と戦っている。
ツインソウルが出会うと周りにいる人達、特に家族は今までのそれぞれの問題事がどんどん整っていく。
私たちもまさにそれで昨年から今年にかけて一気に物事が片付いていって私は母や子供達が楽しそうに生きている様子を見ると本当に嬉しい。
今回のアセンションの意味。
それは、その一見整った状態の中にある核とも言える本人達が見ようとしてなかった部分、向き合ってなかった部分を今度は自分達が己れのチカラで正す事。
これはどうしても人のチカラを借りれない事。
自分の内在性を改めて見る必要があるんだと思う。
私は今、第六感もない状態。
とてもラクです(^-^)
今までは先読みが次から次へと押し寄せてそれを相方に話す日々だったけど、この身体のダルさもあり、毎日なんとはなしに一日を終わらせていただいてる。
蓋をしていた身内がいるならば、その人はきっともうすぐ、いろんな事が次から次へと課題として起きてパニックにならざるを得ないでしょう。
私は相方とこの三年間、戦いの日々でした。
あんなにお互いを徹底的に攻撃しあい、自分と向き合い、シンクロの日々、痛みの共有、ハイヤーセルフからの教え、絶妙なタイミングでの出来事、人間関係の断捨離、すべてが整っていく圧倒的な感覚…
スピリチュアルとか無縁の人間でしたが、突きつけられ目をそらすなと見えないチカラは確かにあると認めざるを得なかった。
グラウディング。
これができてなければ…。
本当の浄化はできない。
地に足がついてこそのツインでなければ私たちの統合は意味をなさないのです。
身体、軋むほどツライ。
心、宙に持っていかれそう。
それでも根をはる行動をとらなければ…。

スポンサーリンク