発達障害(アスペルガー症候群、ADHD)を持っている人の映画を見ると特に感情移入してしまう今日この頃です。

 

というのも『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』という映画を見たのですが、

内容もとてもよく、演技も良くYahoo映画の評価が高ったためスピリチュアルの要素を入れながらまとめていこうと思います。

 

 

映画について

こちらの映画ですがご覧になった方も多いのではないでしょうか?

映画は好きなのですがこの映画には気付かず、発達障害のことを調べているときにたまたま見ました。

そのため発達障害には非常に敏感に察知してしまいます。

 

【あらすじ】

簡単にあらすじを書いてみますね。

 

時は第二次世界大戦。

ドイツ軍の暗号エニグマを解読して戦争に勝とうとする物語です。

 

実際に実在したイギリスの天才数学者アラン・チューリングが完全なる発達障害を持っており、

周囲とコミュニケーションを取ることが困難な中、

パートナーになりそうな女性の力を借りて周囲とのコミュニケーションを学び、

仲間に助けられ、誰にも解けないと言われ続けた暗号エニグマの解読に成功。

 

 

しかしアランにはそれだけではなく、同性愛者であるために政府よりホルモン投与による科学的去勢を行わされます。

演技のうまさに脱帽です。。。

科学的去勢されたため身も心もボロボロに。。。

 

そこでパートナーにふさわしい女性がアランを慰めます。

 

 

その言葉に感動を覚えました。

 

【普通じゃできないことがあるの。今日戦争で消滅したかもしれない街で、死んだかもしれない男から切符を買って、電車に乗ってここに来た。すべてあなたが救ったのよ。あなたが普通を望んだって、わたしはお断りよ。あなたが普通じゃないから、世界はこんなにもすばらしい】

 

アランの暗号エニグマの解読によって戦争は2年は早く終焉を迎え

1400万人の命が助かったと専門家は言っているようです。

 

完全に偉業です。

 

しかし結末は【自殺】で終わります。

 

これには同性愛者という周囲からの差別的な扱い。

発達障害によりコミュニケーション能力不足が原因で【孤独】になったことが引き金になったかと思います。

 

1年間は科学的去勢のホルモン投与を続け頑張りましたが、耐え切らず自殺という選択をされました。

 

 

発達障害の特徴である人の気持ちが分からず、平気で傷つけることを言ってしまう。

 

周囲からは『モンスター』と呼ばれていたようです。

 

これは万国共通の現実問題かと思います。

 

【映画を見て思ったこと】

・人に無理に合わせる必要はない

・パートナーの重要性

・孤独が人を殺す

 

この3つの事が重要に感じました。

 

【人に合わせる必要はない】

人に無理に合わせる必要はなく、本来の自分ででいることが大事だと思います。

そうすれば、あなたにしかできない使命と出会い。

生きやすい人生を歩みながら周囲の人に様々な影響を与える存在となるでしょう。

 

それは本来の使命を全うしているときに関しては、追い風が吹くように様々な手助けが入ります。

まさに自分の居場所で輝いていると言えます。

スピリチュアルのことを学べば学ぶほど腑に落ちて納得することだと思います。

 

現実として映画での名セリフとして

 

【普通じゃできないことがあるの。今日戦争で消滅したかもしれない街で、死んだかもしれない男から切符を買って、電車に乗ってここに来た。すべてあなたが救ったのよ。あなたが普通を望んだって、わたしはお断りよ。あなたが普通じゃないから、世界はこんなにもすばらしい】

があります。

 

ここに共感する人がほとんどだと思います。

 

【パートナーの重要性】

 

アランは発達障害と同性愛者という2つの大きな特徴を持っていましたが、同性愛者という周囲から処罰されるような認識の時代だったためより生きづらい人生だったのではと思います。

発達障害に関しては他人とのコミュニケーションに問題がありましたが、徐々にコミュニケーションは学んでいき、周囲からも助けられるように認められていました。

 

決して発達障害だからといって悪くはありません。

症状は人それぞれですし、支えになってくれる人が一緒にいると迷わずに生きていけるのではと思います。

 

正直、アランが科学的去勢を受けて苦しんでいるときにパートナーとなれる存在がいたらまだまだ生きられたと思います。

 

【孤独が人を殺す】

 

発達障害の人が悩むのは、人の考えていることが分からずコミュニケーションを取ることが難しいからです。
自分にとって当たり前の感覚でも相手にはうまく共感が得られないということが日常茶飯事。

思いやりに欠ける言葉を発すると当然人は去っていきます。

結局一人になってしまう人が多いのが現状です。

コミュニケーションを取らなければ、時間が経つにつれてコミュニケーションの取り方を忘れてしまいます。

 

誰とも話さない。誰とも接しない。孤独。

 

孤独は人にポジティブな影響を与えることはありません。

悩み、不安が多くなり、ネガティブな思考がポジティブの思考より影響を与えるからです。

ネガティブはポジティブより4倍強いというデータも出ているようです。

孤独は生きていく気力さえ蝕みます。

その為行き付く先は『自殺』になることが多いようです。

 

まとめ

 

自分らしく生きることが重要で、本来のあなたになるためにスピリチュアルの考え方が大切だと思います。

本来の自分を理解してくれる人が現れたなら、とにかく大切にすること。

理解者は共に人生を歩むことでお互いを磨き合っていくことが大切だと思います。

孤独は避けるようにして、どんどん人との交流を持つことが大切だと思いました。

 

スポンサーリンク