丁度この頃、スピリチュアルって何だよ。

 

実際そんなことより、現実生きる方が大切なんだよ。

 

そんな考えを度々思っていました。

 

 

「月々の支払いだったり、相方をもっと外に連れ出してあげたい」

 

そんなことに意識が集中してきました。

 

 

相方はこの頃、アセンションと僕にレベルを落としていた症状で、

 

 

身体が弱ってしまい、外食はおろか、外出さえ出来ない状態でした。

 

 

頭が伸びた感じで、動悸、吐き気、食欲の減退、睡眠不足の日々が続きます…

 

 

病人のようでした。

 

 

僕は、そんな相方を外に連れ出して、

太陽の光を浴びて元気を少しでも取り戻して欲しい。

食欲が出て欲しい。

 

 

など、現実面での何か解決方法を探しますが、

全く相方と合いません。

 

 

無理矢理するわけにもいきませんし。

 

 

相方の要望は

 

『休みたい、ただただ寝たい。』

 

それだけでした。

 

本当になぜか眠たいのに夜寝れないのです。

朝やっと寝始めれるという完全に夜行性の生活になってしまっていました。

 

それで、朝ちゃんと寝れれば少しは違うのでしょうが、

朝もあまり眠れないのです。

 

 

相方の僕に望むことは

 

『スピリチュアルの勉強』

 

でした。

 

少しでも勉強して、相方との差を縮めて欲しいとの事でした。

 

言っている意味は分かります。

 

波動が近い者同士だとお互いに居心地がいいからです。

 

 

 

ですが僕はお金のやりくりや、体調のことなどの現実面ばかりに

集中してしまい、

 

どうしてもスピリチュアルだと、実際の現実になんも関係ないではないか。

 

スピリチュアルでは一銭も稼げないではないか。

 

など、否定する考えにもなりました。

 

それは現実での余裕が全くなかったからです。

 

なので優先順位が現実の方が

スピリチュアルの勉強より先になってしまっていたのです。

 

 

 

 

そうなると悪循環です。

 

 

相方との喧嘩も起こりますし、

お互いに体力の消耗。

 

普段とても弱っている相方だが、

 

喧嘩になる時は、スイッチが

入っているのか別人のように強くなります。

 

 

底力半端ねぇ~。。。

 

 

 

今振り返ると、知識をつけても経験が追いついていないので、

相方との差も少ししか縮まらず、喧嘩をすることで

一気に波動が上がって、差を縮めている間隔でした。

 

 

喧嘩をした後の疲労感と、安心感。

 

 

何度も経験しましたが、ツインの喧嘩だからでしょう。

 

手加減なんてありませんし、何日でもお互いに攻め続けます。

 

 

精一杯の戦いだからこそ、

無事に乗り越えた時の経験値が計り知れないのでしょう。

 

まるで、筋トレをした時、筋肉が回復すると、トレーニングをした時より

強くなる超回復のようです。

(分かりにくかったらすみません。)

 

そんな気がします。

 

 

相方自身も余裕がない時に、

スピリチュアルを受け入れれない

時があります。

 

全くしっくりこなくなり、現実はそれ所ではなく、

生活にも余裕がある人が考えれることなんだ。

 

 

そんな風に考えていた時もあります。

 

 

今だから思いますが、人間だから正直にそう感じたことを

表現することが大事だと思います。

 

 

溜め込んでもダメです。

 

怒りを小出しする方法を自分なりに身に付けることが大切です。

 

それには本音を話すことが一番ではないかと思います。

 

 

 

みなさんもパートナーが何を考えているのか分からない時、

不安にならないでしょうか?

 

 

言葉が足りていないことで誤解を生み、

喧嘩の積み重ね。

 

そして別れ。

 

 

非常に多いと思います。

 

 

女性、男性問わず、パートナーのことを思うのであれば、

頑張って乗り越えて欲しいと思います。

 

 

一緒にいることが一番の成長だと思います。

(人によっては離れた方が良い場合もあるかもれませんが…)

 

 

 

離れてしまうと、お互いに別々の方向に進むことになるので、

再会することがないのがほとんどだと思います。

 

僕達の場合は単純に年齢で見ても、積み重ねてきた経験値が

まるで違うので、どうしても別々の方向に進むことが分かります。

 

 

なので

『必ず一緒にいよう』

 

と誓い合うようにしています。

 

 

不思議なもので、落ち着いている時はすんなり

言葉に出来るのですが、

 

喧嘩している時には全くそう思えず、嘘でも言葉が出せません。

 

なので、言える時に気持ちの確認を

その都度するようにしています。

 

あくまで僕達の場合はですので、試してみたいと

思った方は参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

スポンサーリンク