最近ツインである相方と以前には考えられない程、仲良く出来ています。

 

ミコへ

本当に出会えてよかった。

僕の唯一の理解者。

代わりはいない本当に大切な存在。

これからもずっとずっと一緒にいようね。

 

 

 

何度も何度も喧嘩をして、本気で離れたいと思った相手だったが、

その時の気持ちはすっかり忘れてしまっている。

 

 

ツインとは本当に激しく戦う存在でしたが、

その期間を乗り越えた今は改めて気付いたことがあります。

 

 

 

それは『本当に大切な存在』であるということ。

 

 

最近明らかになり、僕の気持ちのモヤモヤしていることがハッキリとしました。

 

 

やはり、親との関係性でした。

 

みなさんにとって 『親』 とはどんな存在なんでしょう?

 

 

僕の両親は 『毒親』 と呼ばれる存在です。

 

子供に依存して、親が未熟であるということ。

 

自分で出来ることなのに、調べもせず頼るだけ。

 

だから、何も知らない。

 

 

この人と話していると知識豊富で自分の為になるなぁなんてことは一切ありません。

 

両親は言います。

『お前が長男だから家を頼んだぞ。』

 

これはどこの家にもあることだとは思いますが、

中学生の頃から言い続けられてきました。

 

続いては父のリストラ。

本格的に経済的にも余裕はない状況に。

 

育ててもらったという気持ちもあり、なんとかしたかった。

 

 

しかし、その気持ちとは裏腹に、

 

自分で自分のことをしっかりしないといけない状況に陥りました。

 

父は朝から働き詰め。母は変わらぬ職場の為、家に帰ると食事の支度をして職場の仕事をしていたそうです。

 

これは見えない力が分かるまで分かる環境に追い込まれていると思います。

 

そして家庭は女で決まるということ。

 

亭主関白でうまくいく家庭は少ないようです。

かかあ天下の方がうまくいく確率が高いようです。

 

余程しっかりしたお父さんであればいいとは思いますが……..

 

僕の母は本当に弱いです。

 

何か言うと、不機嫌になり、すぐに泣き出します。

 

 

そうなればこちらとしては、もう言えません。

 

っていうより、泣くって子供じゃあるまいし。。

 

父は思ったことを言うと回避依存症の傾向もあり、逃げます。

 

二人とも面と向かって話せないことで、信用を失い、不完全な気持ちのまま育ってきました。

 

その上、外面は抜群にいいので、周りの人は気付きません。

 

身内である僕や弟はその原因が分からぬまま大きくなりましたが、

居心地がいいとはとても言えませんでした。

原因が分からないままイライラしていて、同じ空間にいることが嫌で嫌でたまりませんでした。

 

もう短所どころではなく、かなり性質が悪いです。

 

僕はツインである相方と出会いその時の溜め込んだ部分がどんどん吐き出されて喧嘩が激しくなったと思います。

 

溜め込むことは無理です。

 

ちゃんと思ったことをいい、自分らしくいることで初めて生まれてきた意味があると思います。

 

ただ、苦しくやりたくないことを我慢するだけに生まれてきたのでしょうか?

 

自分本来の使命を知るには、興味を持つ先こそが道しるべであると思います。

 

その興味を押し殺したままではダメだということ。

 

この日本に今の時代に生まれてきたことは、やりたいことをやれる時代だからこそ、

本来の自分であることが大切である。

 

だから時にはぶつかることも必要です。

それから逃げること、泣いて許してもらおう。

なんて子育てありませんよ。

 

いいとこだけをとろうなんてのは毒親そのものです。

 

僕はそんな母親の性格を知っている為、分かるように落ち着いて少しずつ話します。

が、父はしゃべりたがりの性格もあり、『もういい』 『もういい』

 

と止めに入ります。

 

僕は父には話していません。

母に話しています。

 

母も亭主関白な祖父に育てられた為、我慢することしか学んでいなく知らなかったようなので、

話していると、しっかり聞いています。

 

今までは逃げていてごまかしていたので、向上心を持っているから聞いたのだと思います。

だから出来ないなりに部屋を片付けだした母は変わろうとしているのだと思います。

 

行動しだした段階で、出来てもないのに甘やかしてなんになるのでしょう?

 

なのでそれを邪魔する父には腹が立ちます。

 

これが今の僕の両親です。

 

 

まさに成長なんて出来ない存在です。

 

僕にとっては血を分けた両親ですが、魂の成長も全く見込めない環境だったことを改めて知ると、

 

ツインの反対だったんだと気付きました。

 

向上心がないから逃げることだけ、人に頼るだけ、

 

それを治すには

『本人が自立するしかない』

ということ。

 

以前の記事にも書きましたが、

水子がいることも明らかになり、隠していたのに分かるということ。

 

ツインといると隠し事が出来ないので、僕や相方にとってはもう当たり前のことですが、

目に見えない大きな力が働くので、両親は僕や相方に対して『怖い』

という感情になっていました。

 

そして、水子の念は長男・長女に来るということ。

 

子孫が責任を負わされるようになるということ。

 

これは即ち、マイナスからのスタートであるということが分かりました。

 

特に何も努力せずにうまく人もいます。

困る経験がない人もいますが、

そんな人はプラスからスタートしていて、

自分だけでない援助が加わっているのでしょう。

 

これに気付けました。

 

 

なので賛否両論あるでしょうが、僕は両親の連絡先を消し、着信拒否にしました。

 

新しい住所も教えていません。

 

 

血縁関係にあるので、縁は切れないでしょうから、しばらくは僕を含め、

 

『自分で自分のことをしっかりする自立の為の環境』にしました。

 

 

僕はツインである相方こそが本当に必要な人だと思いました。

 

友達に言っても上辺のいい両親なので、僕の苦しみを理解してくれる人はいませんでした。

 

っというより分からなくて当然だとは思いますが、

 

しかし相方だけは唯一の理解者です。

 

だから心を本当に許せる存在がツインであり、

 

ツインの反対は成長できない関係にある人だと思います。

 

スポンサーリンク