白か黒かの話から一ヶ月が経ちました。

 

僕の相方への気持ちはゆらゆらと動いていました。

 

ハッキリ好きだと言ってくれたし、何より、僕を助けてくれた…

 

僕自身居心地がいいし、何より好きなタイプである。

 

ただ、年齢だけが…

 

男性には色々タイプがあると思います。

 

若い人が好きな人

年上が好きな人

同世代でないとダメな人。

etc..

 

僕自身は正直、年齢は上下3歳までというのが、タイプであった。

 

年齢だけで言えばである。

 

今まで付き合ってきた人で、僕は自分も好きになるタイプの人でないと全く続かないタイプでした。

 

告白され、試しに付き合ってみても、一ヶ月や二ヶ月しか付き合えない。

 

どうしても気持ちが悪くなるのです。

 

 

無理にいるくらいなら一人の方がいい。

 

でも好きになる要素がある人だけは付き合いが続きました。

 

それは振られましたが。

 

付き合ってみて好きになるというのは、僕は意味が分からないと思うタイプです。

 

中には付き合ってみて初めて好きになるという人もいるみたいですが、僕には出来ません。

 

相方とはその後も会っていました。

 

ある時気付かされました。

 

周りは関係ないということ。

 

世間体なんてあってないようなもの。

 

本当に自分が求めているものは何なのか?

 

僕は自分らしく生き生きとして生きたい。

 

なにも周りの為に生きているのではない。

 

本当に何もなくなった時、本当に必要なものというのは、

 

本当に心が開ける相手なのではないか?

 

これを満たす相手は僕の場合は相方しかいない。

 

そう思える特別な人と回り逢えたことの幸福に気付くことが出来ました。

 

このことを相方に伝えました。

 

『好きになり、本当に自分に必要な人であなたしかいません。付き合ってください』

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついこの前好きで、付き合いたいと言ってくれたのになぜ???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相方は本当はもう連絡もしてこなく、僕とは終わりだろうと思って白か黒かハッキリしたいと言ったとのことでした。

でも、僕がしっかりと考えていたことに驚いたそうで、僕のことを真面目な人間だと思ったそうです。

 

 

 

 

 

 

ここを考えたようで、結果的にはオッケーが出ました。

 

 

 

 

 

 

ですが、一個だけ条件がつきました。

 

 

 

 

 

来月の3月3日から付き合いだすことにしようということ。

 

 

 

何か、2月はあまり相方にとって、よくない月としてあったようで、3月からということになりました。

 

縁起をかつぐという感じですね。

 

これで晴れて、恋人同士ということで関係性をスタートすることになりました。

 

ここからどんどん僕の知らない世界が広がっていくこととなります。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク