先日、かねてより気になっていた映画の『君の名は』を見ました。

 

これは世界的にも有名で、ほとんどの方がご存じだったと思います。

 

相方はこの映画の番宣などを見て、ツインソウル関連のような気がすると思っていたようで、

僕もこの話から興味を持つようになりました。

 

今回はなんとか相方の体調も良くなり、無事に見に行くことが出来ました。

 

実際に見てみての感想ですが、見て良かったと思いました。

 

まだ、見ていない人もいると思いますので、内容は載せないように心掛けます。

 

 

僕が思ったのは、本当に縁がある人との関わりは深いんだということです。

人によって人生は違うし、起こる事柄も決して同じという訳ではありません。

 

しかし時には深い付き合いになる人もいれば、ならない人もいます。

 

そして、今回は完全にこの主人公の二人にしかできないこと。

 

またその友人の立場でしかできない役割。

 

本当にひとりひとりがとても大切な存在だとしみじみ感じました。

 

それでいて、ツインソウルの不思議な関係性も言葉でうまく説明できないところも

物語の展開として時間軸がズレているというところで含まれていました。

 

ただの映画として楽しむことは十分できると思いますし、現実で実際に『体調の共有』といった不思議な現象も体験しているので、特に印象に残りました。

特別な関係というのは何か不思議な体験があってもおかしくないと思いました。

 

 

人は必ずツインソウルなど関係なく、縁が深い人との出会いがあると思います。

 

その時に本当に自分自身を成長させるような出会いになると思います。

 

僕自身の体験ですが、相方と出会って人間関係の一掃が行われました。

 

もうこれまでの人とは出会わなくなり、きっかけもなくなっていきました。

これは僕だけでなく、相方もですが。。。

 

 

しかし、今回新たに自分と雰囲気が似てるというかとても波動が近い人と知り合いまいした。

非常にお互いに気が合い充実しています。

 

相方も気が合う存在として一目を置いていてくれていて嬉しいです。

 

 

ただ、縁が薄い人も接する時間が少ないだけで、直接的な関わりがなくとも、助け合っている可能性もあるので、人に対して思いやりを持って接することを意識したいと思います。

 

今回はこのような感想を持ちました。

いい映画はいい影響を貰えるので充実した1日になったと思います。

 

スポンサーリンク