女性ツインの方々。

 

共にいる男性ツイン。離れている男性ツイン。に【目覚めて欲しい】と思っていませんか?

いつも寝込まされながら、数々のアセンションによる原因不明の体調不良に悩まされていませんか?

 

その解決策になることが一つ分かったのでまとめていこうと思います。

 

それぞれの役割とは

 

まずツインという関係性において、「女性は家で寝込み、男性が外に働きに行く」というスタイルが多いと思います。

 

それはそれぞれの役割があるからでした。

 

女性は寝込むことで自らの体調を考えて病院に行っても原因不明。

薬も効かず、出来ることが寝込むという事以外に何もできないという状態になることもあると思います。

 

その時は5次元のスピリチュアルのことを強制的に考えさせられていると思います。

 

反対に男性は『現実的になり社会でもまれる』ようになります。

というのも男性は想像力が女性よりも乏しいので、実際に実体験を通してじゃないと学べない点があるため社会に出るようになります。

 

生活もありますからね。

 

ただそうなると男性は『思考がより3次元寄り』になります。

 

男性は寝込んでいる女性に対して出来ることを何かやってあげようとして、食べ物や家事をこなしたりと看病します。

しかし看病をしても一向に体調が良くならない女性に対して出来ることがなくなり自信を失うこともあると思います。

 

幾度となくこの体験を繰り返すことによりあることに気付きました。

 

ツインの持つ要素とは

 

ツインは似ている点もありますが、反対に正反対である要素も持っているということです。

 

例えば僕と相方は僕はどちらかというと朝型で相方が夜型だと思っていました。

その点は出会う前から持っていたので何も疑問に思っていなかったのですが、僕が寝る時は相方が起きるのです。

反対に相方が寝ているときは僕は起きています。

 

これは【行動】からなのですが、【思考】も影響します。

 

男性は社会に出て仕事をしますが、それだけでなく5次元のスピリチュアルのことを考える必要性があるということです。

しかも心から素直に自ら率先して行う必要があります。

 

すると、男性側が5次元のことを考えることにより女性側は5次元を考えなくてもいい空き容量が出来ます。

すると男性側が3次元を考えていない分、女性側が3次元の現実を代わりに考えるようになるのです。

 

不思議なことに二人で反対の思考と行動を行うようになるのです。

 

 

正直現実でいっぱいいっぱいになっている時に反対のことをするということは遠回りの様ですし、

違うことだからと気持ちに葛藤が出ると思います。

 

そして嘘というか見せかけの行動だとその分しかできないので女性側も現実に動ける量が限られてしまいます。

 

つまり、男性が5次元に+1思考が向いたなら女性は3次元に+1行動できるようになる

反対に男性が3次元に+1行動するなら女性は5次元に+1思考するようになるということです。

 

常にパートナーとして思考と行動のバランスを保っているということです。

 

運という要素

 

男性ツインがスピリチュアルに目覚めていくと、『仕事という現実+スピリチュアル』では物凄く大変になると思います。

それは【3次元+5次元】となるともう体験した人は分かると思いますが、言葉では表せれない大変さが想像できると思います。

 

しかし、安心してください。

 

ちゃんとスピリチュアルを学ぶようになると変化が現れます。

 

それは【運】が良くなるということです。

 

どういうことかというと、仕事の負担が【運】という要素で軽減されます。

 

つまりこれまで行っていた【仕事(10)=仕事(7)+運(3)】になる感じです。

トータルで考えるなら【仕事(6)+運(2)+スピリチュアルの学び(2)】となって乗り越えれるようになります。

 

まとめ

 

男性ツインの皆様。

女性に現実的になって欲しいのであれば、【5次元のスピリチュアル】のことを学びましょう。

そうすることで仕事には【運】という要素が加わり、女性が現実を手伝ってくれるようになりますので負担が結果減ります。

 

女性ツインの皆様。

男性にスピリチュアルに目覚めて欲しいのであれば【現実を共に考える】ようにしてください。

男性がスピリチュアルを学ぶことにより【体調不良の理解】をしてもらえるようになります。

理解者ができるということは【心の負担も減り現実の手助けを行える】ようになるでしょう。

 

結果パートナーとしていい流れの循環になります。

 

ただ、注意事項としてこれはお互いの学びがある一定基準まで達していないと現実にはなりません。

その為に必要な経験や体験、タイミングが揃う必要があるからです。

 

共に相手に歩み寄ることが必要で、相手の役割を代わりに考えて行動することが重点になっているのだと思います。

 

これは僕があくまで思うことですが、このパートナーとしてツインの関係性のシンクロ率も一緒にいれることの要因になってくるのではと思います。

 

離れ離れになりそれぞれの学びを行っている方々は、いい意味で【自立している】のだと思います。

 

共依存と言われそうですが、ツインで一緒にいる人達はお互いに助け合うことでやっと生きていると言えます。

寧ろ一緒でないと達成できない使命だからだとも言えます。

 

何より考えないといけないことは今世でのあなたの使命です。

 

使命を果たすために日々の体験から得られる学びをとにかく繰り返していくことです。

 

 

共に頑張っていきましょう!!

スポンサーリンク