先日、本屋さんで龍に関する本を読んでいた時の事なんですが、

 

相方は不思議な体験があったようです。

 

急に体が熱くなったり、龍が近くにいるという体験をしたようです。

 

家に戻るとTVでは龍に関するのがあっていました。

 

それも不思議なことに本屋さんでは突然目に留まったため、

二人で読んでいたのですが、とにかく「龍」づくしだったのです。

 

それから二人で龍について話しました。

 

主に本に書いてあった内容ですが、

 

意外と龍の好きな色は何色??

 

という話になり、

僕は「金色」

相方は「銀色」

 

いつもはこういう何かそれぞれに思うときに好みが重なることは多いのですが、

今回はそれが、違うという結果になり、珍しいねと話していました。

 

 

それからして相方は見つけることになります。

 

「龍に関する神社」を。。。

 

 

それから数日・・・

 

 

 

「大岳神社」

 

その神社での意味合いは下記にまとめました。

 

 

元々のツインレイの男性にある押し殺された龍を開放する意味があるようです。

 

それはツインレイ男性が持つ共通的資質です。

 

龍は真実の愛を形にするために宇宙をそして、この地球上で戦ってきたということ

 

その全てが敗北、敗北、敗北、敗北の連続。。

 

その為、自分が何の為に戦ってきたのさえ、忘れてしまいました。

 

真実の愛を形にするためであり、失った愛するパートナーを取り戻すためであるそうです。

 

でも、地球においてそのずっと彼が探してきたパートナーと再会したとしても、

 

彼女が思い出せない程、宇宙の真実と分離しています。

 

そして戦った結果、負けた龍がたくさんたくさん横たわっている。

 

そんな神社です。

 

この体を癒す神社。。。

 

これって、今までのツインとしての相方との喧嘩を何度も経験して

 

その為、休んでいいということでこの神社の情報に出会えたと思いました。

 

実際に、神社に行った感想ですが、

 

初めての感覚に包まれました。

 

それはまず、空間が独特な神聖な感じがあること。

 

そして、その後、長居してはいけない、早く出なければという感じになりました。

 

中でも狐の置物が異様にたくさんあるということ。

 

そしてお供えする場所が10か所程あり、驚きました。

 


龍を本から知り、龍が近くにいるという体感を経て、意外にも自宅から近くにあったので、

 

その龍の神社に行くようにしました。

 

本当に不思議です。

 

そして次回はここと近くで同じくツインレイの龍に関する神社に行こうと思いました。

 

次は金と銀の龍のお話しを書いていこうと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク