僕の霊媒体質から起こる身の回りのことを書きましたが、

 

それから起こるツインとの喧嘩について書いておこうと思います。

 

 

僕はこの体質の為、家では怪奇現象が起こることになります。

(詳しくは霊媒体質の記事をご覧ください)

 

そのため、家にいる相方にもある症状が出ます。

 

 

どういうわけか、夜眠れないのです。

 

 

そして明け方から寝れるようになります。

 

つまり昼夜逆転ということです。

 

 

そのため、相方は体調を崩しやすくなります。

 

 

ヘルペス、口内炎、頭痛、ダルさ、生理不順、etc…

 

薬を飲んでも効きません。

 

 

身体を鍛えればいいのではないか?

栄養あるものを食べればいいのか?

 

 

一般的な方法を考えても効果がありません。

 

 

外にすら出れなくなるので。

 

 

人混みに出ると、風邪になります。

 

 

しばらく、外出が出来ない生活が続きます。

 

仕事帰りにお弁当を買って帰る僕。

 

 

どうしたらいいか分からず。

とにかく安静にして、必要なものを揃えていました。

 

 

安静にしていれば、特には症状が悪化することもなかったので、見守っていました。

 

 

ただ、お互いにこの状況に不満が溜まっていはいましたが、、、

 

今振り返ると、僕についた数々の霊が相方を引き離そうとしていたということです。

 

 

僕だけだと簡単に落ちぶれさせることが霊には出来ます。

 

 

しかし、相方がいるとそれがうまくいかず、

 

霊からすると相方が邪魔な存在なのです。

 

 

相方は見抜いていました。

 

 

霊に取り付かれる僕は段々短気になると。。。

 

それだけでなく、僕から相方にも霊は取り付こうとしていることです。

 

 

相方も短気になります。

 

 

お互いに霊の影響を受けて、

 

 

 

そんな時に、お互いの不満が爆発します。

 

 

 

もう怒りに任せて感情のまま、お互いを攻めあいます。

 

 

相手の嫌がる図星のことを言い合うので、

 

相手に対する愛情はまるで消えてしまったかのようです。

 

 

相手に対する憎しみ、自分に溜め込んだ不満を相手にぶつけます。

 

 

 

僕は相方の〇〇がおかしいでしょ?

 

と理論だてて、言います。

 

相方いわく、怒った時の僕は一点のことだけをずっと言い続けるとのことです。

 

 

僕自身はどうしてもその一点が納得できず、その一点を認めてくれれば、

もう何も言う必要はないという考えです。

 

 

相方は矛盾しているが、感情のまま僕を攻めますが、

 

相方はチェイサーであり、霊的に僕より数段上にいますので、

先に気付きます。

 

 

相方

『怒ってばかりではダメだ!本来の自分に戻って!霊に支配されないで!』

と。

 

 

僕はもう頭にきて冷静さがなくなっていると

『もう出てけ!一緒にいたくない!』

 

 

と相方を突き放そうとします。

 

 

頭は考えるどころではなく、感情もいっぱいいっぱいになり、

 

 

何でもどうでもよくなるといった感情になり、

 

 

一人になろうとする為だけに行動するようになります。

 

意地やプライドが僕の感情を埋め尽くし、愛情が全くない状態です。

 

 

 

相方は帰りはせず、僕に立ちはだかります。

 

 

 

そんな相方を振り払い外に出て、車で休んだこともあります。

 

 

その結果、相方も諦めて、家に帰っていた時もありました。

 

 

僕は知らずに家に戻るともぬけの殻となった家を見て思います。

 

 

『やったー。やっとひとりになれた。』

 

 

 

ですが、すぐに後悔へと変わります。

 

 

 

ツインである相方と離れた場合、尋常ではない苦しみがあります。

 

 

 

半身を奪われた。

苦しい。

横になっても休まらない。

 

喧嘩している最中の時よりは幾分か楽ではあるが、

 

 

落ち着くと、もう相方のことしか考えれなくなり、

すぐに相方に謝りに行きます。

 

 

相方は僕の家では決して夜は休めなかったのですが、

 

相方の家だと不思議なくらい熟睡して休めたのです。

 

(以前相方と旅行に行ったときにあった神聖な教会のような雰囲気が

相方の家にはあります。)

 

 

家にはそこに住む主の波動の影響で雰囲気がガラッと変わります。

 

 

「僕の家は、まだ霊には無防備な僕が未熟である為、霊が溜まるようになります。

だからといって、部屋が散らかっている訳ではありませんが。。。

まるで僕達ツインの修行部屋のようです。」

 

 

そのおかげもあり、段々と冷静になり話し合うことが出来ました。

冷静になることで素直さが出てきます。

 

 

その為、無事に仲直りは出来ましたが、お互いに疲労困憊です。

 


 

 

このことから僕が皆さんに言いたいことは、ツインである二人には数々の苦難があるでしょう。

 

僕達の場合は霊媒体質からくることから、人格が変わり、短気になり、不満が爆発するといった

喧嘩が物凄く多いです。

 

 

霊能力者である龍さんから原因を分析した記事を今度書こうと思いますが、

スピリチュアルとは別の世界の話になります。

 

最近では霊に関することを特に書きましたが、ツインの関係にある方は、

第六感があり、サイキックの人も多いと思います。

 

ツインの関係に霊障も関係している人達もいると思い、記事を書きました。

逆に全く霊とは関係のないツインの関係の人達もいるかとは思いますが。

 

 

僕は知らないままで、今はまだ困っている時期ですが、

いつかは意味があってこの体質なのだと解明したいと思っています。

 

 

 

 

必ず何か意味があると思います。

 

 

愛情と素直さが失わなければ、喧嘩もひどくはならないと思いますが、

ツインの関係にあると、そうも言ってられなくなりますよね。

 

ですが、最終的にはお互いを愛している関係なので、

仲直りが出来ると思います。

 

カルマの浄化だけでなく、これからの発展の為にも、

ツインというパートナーはまた再会できるなどとは簡単に思わない方がいいと思います。

 

 

それぞれの家にいるだけでも、何万光年も離されたような間隔になります。

もう二度と会えるとは限りません。

 

 

お互いが、離れないようにする為の知識を身につけ、

感情に負けず、相手を思いやることが必要不可欠であると思います。

 

僕達はお互いにこのように考えます。

 

どうかみなさんの努力が実りますように。

 

スポンサーリンク