ツインソウルである相方に出会うことで、色々と感じて変わったことがあります。

その為にはまず、以前の僕がどんな人間であるのか、お話したいと思います。

 

 

僕は、スポーツばかりの生活を送ってきました。子供の頃から体を動かすことが好きで、よく口癖のように『動きてぇ~』と言っていました。笑

勉強はどちらかというと残念ながら出来ない方でした。

苦手なことは音楽です。今だに音符が読めません。笑

クラスではよくいるタイプだと思います。見た目はチャラそうと言われることが多いですね。

相方にも言われました。ですが、接するほど、見た目とは裏腹に堅物のように真面目とよく言われます。

 

 

スポーツに明け暮れた学生生活でしたが、その反面スポーツ以外は何をしていいのか分かりませんでした。

引退して、本当に何をしていいのか?何がしたいのか?分かりませんでした。

考えましたが、、

ただ、働いてお金には困らなければいいかなという浅い考えでした。

単純に、どうせ働くならガッツリ働こうと思い、歩合制の営業会社に就職しました。

 

実際に働いてみて、コツコツやるタイプなので、着実に結果を残していきました。

その結果、全国で4位という成績も残せました。

満足していたのですが、不安もありました。

 

この先もこのままいけるのか?

商品もずっと売れ続けるわけではない。(そういう商材だった為)

 

そんな時、父から連絡があり、相談しました。

先々のこと、実際働いてみての体感を・・・

 

それだったら、一緒にフランチャイズをしないか?

という提案でした。

 

父も事情により、仕事が出来ない状況でしたが、これから働けるということだったので、承諾して会社をしばらくして辞めました。

 

案の定、後から同期から聞いたのですが、勤めていた会社の支店もなくなり会社全体がかなり縮小したそうです。

僕としては、なんとなくですがそんな気がしていて、次の選択をしていて良かったなと思いました。

 

フランチャイズの件が、思ったよりすぐには始めれない状況にあり、しばらくアルバイトをして生計を立てていました。

 

それから、昔の知り合いから連絡があり、一緒に食事に行きました。

すると、ネットワークビジネスの話があり・・・。

 

初めて聞いたビジネスで、今の自分の状況であれば時間も作れるし、何より自分だけでなく、仲のいい友人や知人たちとお金に困らない状態になれることに凄く魅力を感じてしまい、とりあえずやってみることにしました。

 

もうお気づきの方もいらっしゃると思います。

 

僕は疑うことを知りませんでした。同級生にも子供の頃にも言われましたが、いつか人から騙されそうだと。

 

当時の僕は、たくさんの人もいるし、何よりみんなが幸せになり、助け合える方法が画期的で素晴らしいと思っていました。

 

それからはもっと知り合いを増やそうとあくせくしてました。

そんな時に相方と出会うことになります。

 

スポンサーリンク