10月31日から11月1日にかけて

アセンションの大浄化が始まっていたみたいですね。
2016年の大浄化らしいです。
私は今だに体調が優れないでやっとなんとか少し落ち着いてきたのでこのタイミングに書いておこうと思います。
私たちの住んでいる場所は海も山も近くにあり、車で少し行けば「龍の都 志賀海神社」があります。
そこへ私たちは疲れ果てたら英気を養うため参拝に参ります。
ここは人界と神界の境目を通ると不思議にも結界を感じ、まるで天国にいるかのような心地良さに包まれます。
この龍の都へ入れたレイの男性は途端に変貌していくのです。
男性性が増し、力強く、忘れていたものを思い出したかのように逞しくなるようです。
ここへ辿り着くまで物凄い時間がかかりました。
大岳神社は男性性の神社。
志賀海神社の直ぐそばにありますが、表現するならば、大岳神社は地→地獄 志賀海神社は天→天国。
大岳神社にふたりで行った時、「長居をしたらいけない」と咄嗟に思いました。
そして
「拒否されている…」
強くそう感じました。
レイの男性が女性レイを突き放す、あの感覚に似ています。
それからすぐに引きあげましたが、私はタロスに「ねぇ、すぐそばに志賀海神社ってあるみたいよ」と言うと「…もう 今日はいいやろ」とそのまま帰ってしまいました。
あの時、志賀海神社というのがすごく気になり 行った方がいいのではないかと思ったのです。
それからの私たちは喧嘩の嵐でした。
別れる別れない、出て行け出て行かない、散々 互いを傷つけ合い私も「あー、めんどくさ。もういいや。」と本気で出て行き自宅で羽を伸ばしていたら
タロスが謝りに来るという…
結局 何に対して喧嘩していたのかもわからなくなっているのです。
つまらない話です。
自分と仲直り。一番望んでいる事はこれなのです。
そして、あの時気になった志賀海神社に辿り着いたのですが 聞こえた声は
「おまえたち よくたどりつけたな。まっていたぞ…」
この志賀海神社に辿り着いたレイの男性は男性性も女性性も目覚めるのです。
女性の気持ちが少しずつわかるようになっていくのです。
しかし、本当に少しずつです。
すなわち 統合への入口です。
龍の都という事も後から知りました。
私は先日、命からがらこの志賀海神社に来る事が出来ました。
2週間前に母が入院している病院に行った時に母の中にいる吐き出せないものを吸い取る事をしました。
母は苦しそうな表情が次第に穏やかになり、目を開けて私の顔を見て 何かを訴えるかのように口を動かしていました。
“不安で苦しく拷問だ。何故自分がこうなっているのかわからない。気がついたらこうなって。教えて欲しい。”
それは大宇宙が届けるものだ。
天之御中主様 お助け頂きまして
有難う御座います
天照大御神様 どうかこの母に力をお預けください
1時間程 母の手を握り波動調整と波動を高めるべく 悪いものを吸い取りました。
病室の空気が重たいものから軽いものへ。
しばらくは大丈夫だと。
そして 吸い取った私の吐き出せないしがみつくものを祓うため志賀海神社へ。
まだとれてないのです。
あと、一回 行かないと。
ツインソウル、ツインレイ。
みなさん、憧れますか?
「出会いたい」というブログをよく見かけます。
自分を忘れ、自分を思い出す。
まさに命懸けのプロジェクトです。
本物のお相手に出逢って、途中で逃げ出しても地獄しか待ってない。
突き進む事を選択する以外はないのです。
ツインソウル、ツインレイは
男性側にかかっている。
ツインの男性は強く 逞しく 何よりも優しく 愛するものを守り切る。
龍神様のように。
志賀海神社へ行って ハッキリとわかった事です。
{0B451DB0-3BE5-4A23-8094-DE691EF67787}

スポンサーリンク