前回に引き続きになりますが、

 

いつもは離れようとする僕が、今度は引き止めようとする側になります。

 

相方は常に体を張って僕を止めていました。

 

力づくで振り払い逃げようとしていた自分が、そっくりそのまま返ってくるようです。

 

しかし、今回はそっくりそのままどころではなく、

物理的に距離が離れるということと、

 

仕事も新しくなり、親との関係性の修復と

 

一気にいくつも同時のくる事となりました。

 

今までの僕ではそんな器があっただろうか?

ちゃんとした判断が出来るのだろうか?

 

不安は募る一方でした。

 

 

ですが、それに反して今日のことですが、

 

 

目覚めた感覚が違いました。

 

とにかく視界がクリアで、考えることが早く、そして正確に出来ていました。

 

相方は目を見たら、ハッキリと今までと違うと。

 

 

鏡を見ましたが、全然違いました。

 

とにかく澄んでいて、正直やれば何でも出来そうだという『自信』が漲っていました。

 

それだけでなく、声にも力強さがあり、とにかく過去に味わった事のない清々しい感覚でした。

 

 

まさに『覚醒』だと思います。

 

 

相方に聞いてみると、

 

「それが経験させたかった感覚だよ」。

 

と。

 

僕と相方の波動の違いも少なくなり、相方も快適そうでした。

 

それだけでなく、部屋の一部が

 

『臭いな〜』と思っていた場所の匂いが全くないのです。

 

 

間違いなく僕の波動の低さが原因としていたことは明らかでした。

 

この感覚なら何でも出来そうだと思える事で、これからの課題を乗り越えれそうな気がしました。

 

それだけでなく、無心 でいる心情です。

 

何か行動を起こすときに考えて行動するのではなく、

 

即!行動!!

 

頭より体が反応する感じのようでした。

 

よくスピリチュアルでは、高級霊と繋がる為に、

奉仕の心であり、エゴを捨て身を捧げるという考え方が必要とありましたが、

意識してする事ではなく、無意識でその心情に成ると思いました。

 

 

高級霊との意思の疎通を自然と出来る感覚。

 

それが日常に変わる。

 

当たり前のこととなれば、それはもう今までの僕の感覚で言えば、

 

霧がかかって全然視界が悪いという状況が一気に晴れるという感覚なので、

 

何でもスイスイとやり遂げれそうな気がしました。

 

 

そしてその感覚になる為には、不平不満を溜め込まず、感情豊かで、一本筋がピシッと入っているかのような気がします。

 

雑念は一切ありません。

 

喜怒哀楽をいいバランスで保つ事が大事だと思います。

 

 

言うべきときに言うべき事を言う

やるべきときにやるべきことをすること

 

そんな基本的な事を積み重ねながら、『思いやり』のある言動をすることが大事だと思います。

 

 

これからが本来の自分の歩みだと思ったら、物凄く今後が楽しみです。

 

 

悪い影響のものと同調しない事を意識して、これから頑張っていこうかと思います。

 

スポンサーリンク